モーテフォン始動! ブログより

2017シーズンのトレーニング
2017.3.20

2017シーズンはしっかりと始まっています。1月に3週間ちょっと家で過ごし、体の準備と1年の体制を整えた後、スペインの南にあるタリフェに来ました。目的は良いコンディションとトレーニングチームに加わることでした。
ここで南フランスであっても厳しいヨーロッパでの寒さはすっかり解消され、調整は完璧にできました。ヨーロッパではセイリングすることができないほど寒いのです。タリフェについてから25日間、トリップの全日セイリングできました!本当に良かったです。今回は幸運なことにテネリフェに飛んでノースセイルのR&Dチームに6日間合流し、2018セイルのテストに携わりました。TWSクラブではいろいろなコンディションがあったので、さらに幸運なことに、サイズごとに最高のコンディションでテストができました。レーシングのコンディションでセイルをテストできたので興味深かったです。

家に戻り南フランスで2、3日を過ごした後、2016リオのオリンピックメダリストであるピエール・ルコックなどがいるフランスRSXオリンピックチームと一緒にトレーニングしたり情報交換のためブリタニーに行きました。RSXとレースの道具を交換して海に出るなどして、たっぷり1週間を過ごしました。このキャンプの目的は、互いの準備や感覚、あらゆる経験に対する情報をシェアすることです。僕らの取り組んでいる種目に似たところがなくても、プロの選手のフィードバックとトレーニングから学ぶことは多いのです。そのあと、他のフランスチームのキャンプに行きました。このチームはスラロームのチームです。コンディションに恵まれ、3週間ほぼ毎日、北フランスでセイリングすることができました。ゼウス・ストームの超強風と大波の中でセイリングすることもできました。
今の状態はかなり良いと感じています。準備は整いました!海で多くの時間を過ごし、道具の調子も良く、僕が求めていた状態になったのです。そして今からはゆっくりと更に特別なトレーニングへとスイッチして、シーズンの始めに備えます。

これが年始2ヶ月半の僕からのニュースです。次の冒険を楽しみに、そして僕のソーシャルメディアをチェックすることを忘れないでください。

motefon150317

PWA、ウェイブチャンピオンになったビクターにインタビュー

ビクターのタイトル獲得への軌跡
今年のツアー初戦とテネリフェで勝利を重ねるも、その後2つの大会が風に恵まれずキャンセルに。さらにシルトの大会でアレックスが勝利し、年間タイトルの行方は最終戦のマウイに持ち越された。アレックスがビクター以上で良い成績を残した場合はタイトルを取れない可能性があるという状況で迎えた最終戦だった。

victor

インタビュー
PWA:正式にワールドチャンピオンになってから数日が経ち、今回は二度目のチャンピオンです。落ち着きましたか?またどう感じますか?
VF:素晴らしいです。ここにたどり着くまでは大変な道のりで、長い時間がかかりました。風がない大会が2つあったので待つ時間が長かったです。年の始めは僕にとって素晴らしいもので、ポッゾ、テネリフェでうまく運びました。ここマウイでの初日は、波がとても大きくとてもトリッキーで、僕のヒートはロックして終わるというひどいものでした。そしてそれは僕のヒートが終わり、シングルでのチャンスが消えたという意味でした。
ダブルでは少しマシにセイリングできたと感じましたが、僕の3つ目のヒートでは、コンディションと自分がシンクロしていない感じで、全てを発揮出来る波を見つけることができず、そのヒートでルーザースを終えることになってしまいました。でも助かったのはアレックスの結果がすぐに出たので、あまり待たずにタイトルを獲得できたのです。

PWA:二度目のワールドタイトルは最初の時と違いますか?
VF:どの年も簡単な年はないと思います。僕がトップに立ったのは6年前ですが、最初のものは常にいつも特別に感じると思います。タイトルを取る前は手に届くところに二度来ていたのに逃していたからです。
今回はマウイで表彰されるという点が独特です。マウイはウインドサーフィンのホームだからです。年の最後の大会で、現在最高のセイラーと若い才能、このスポーツのレジェンドといった48名が集う大会での表彰です。

PWA:2010年に最初のタイトルと取ってから、トップ10に入らなかったことはありませんが、もう一度タイトルを獲得するには及びませんでした。今年は何か違ったアプローチをしたのでしょうか?
VF:このシーズンは事前の準備ができていたと思います。ここ4年は冬の間、マウイで長い時間を過ごし、総合的なセイリングがとても向上しました。カイホフと一緒に過ごす時間が長く、彼は僕がセイルのチューニングをする時間を作ってくれたし、クラアスやファナティックチームのテストもありました。マウイで冬を過ごすということは、海に出る時間が長いということです。さらにジムが近くにあり、健康的なものを食べ、早く寝るという、普段のトレーニングプログラムもやりやすい環境になります。健康的なルーティーンをこなすことでメンタルが落ち着き、海上での自分のレベルを向上させることができたということが年の終わりまでには大きな違いとなって現れ、それが成功と失敗の差となったのだと思う。

PWA:今年のアロハクラシックのコンディションは波が巨大でかなりエクストリームでした。ホキパのコンディションがあのような時、セイリングするのはどんなでしたか?
VF:とても難しいです。正直言うと、あのサイズの波に乗る準備が100%できていなかったように感じます。世界最高の人と一緒に多くの時間セイリングしてきて、よく知るポイントと感じていました。でもあのコンディションはエクストリーム過ぎて多くの人が乗ったことがないコンディションだったので、気持ちが前向きになっていなければあそこでパフォーマンスすることは難しいものです。波は常に大きかったし、ほぼ100%チャンネルもクローズしていたので、アウトに出て行くことさえ難しかったのです。またトライしても常にどのくらいのリスクを負うのが計算していなければなりません。ロックしてしまえば、ヒートはほぼ終わりです。それがワールドツアーであり、そのために全てを準備し勝つために調子を整えなければならないのです。

PWA:戦っている時、常に冷静にいるように見えますが、ヒートで負けた時に起こったり苛立ったりすることはありますか?
VF:もちろん、負けたらハッピーなことはありませんが、僕が全てを出しきり他の選手が僕より上手くセイリングしたのであれば、僕は負けても大丈夫です。自分自身に負けたわけではないので。ご存知のように長い事大会に出ているので、幾つか痛みを伴うほどの敗戦と幾つもの嬉しい勝利を経験してきました。大会とはそんなものです。その日は誰かにとって特別な日になったり、0.01ポイント差で負けたり、でもそうやって大会は成り立っているのです。今週はウェイブライディングの2ピックアップなので、それぞれのヒートはとても接戦となり、これほどレベルの高い中では間違いが許されない状況なのです。

PWA:子供の頃、何になりたいと思っていましたか?
VF:僕は常にウインドサーフィンのプロになりたいと思っていました。だから今は夢の中で生きているのです。

原文http://www.pwaworldtour.com/より抜粋和訳

モーテフォン、シルトでの心境を語る

モーテフォンから大会レポートが届きました。今回年間タイトルのかかったシルトの大会で何が行ったのか書いてありました。

北ドイツのハンブルグの空港でフライトを待っている間にこのレポートを書いています。シルトで行われた2016ワールドカップの第5戦が終わりました。僕にとっては長く難しい大会で、10日間の長い日程の後、最高の結果とは言えない9位に終わりました。シルトはものすごい数の観客とドイツの素晴らしいオーガニゼーションがある大会で、ウェイブ、フリースタイル、スラロームのすべてのカテゴリーが行われます。そのためすべての種目を成立させるために長い日程が必要で、スラロームはこの期間に4レース成立しました。

大会の最初は5位とまずまずの成績でした。海上ではスピードもあったし、自分の道具に良い感覚も得ていました。その後フリースタイルが行われたので、少し休みがありました。その翌日から何かが僕の中で違ってきて、第2レースではクオーターファイナルで早々に敗退しました。こんなに早く敗退することは今年初めてのことでした。第3レースではファイナルに勝ちあがれず、ルーザースで9位に何とか入りました。この日は僕にとって特別な日で、海に出ると良い感覚とスピードがあるのに結果が伴わない日だったのです。そして頭の中には多くの事が渦巻き、もしかするとこの旅ではプレッシャーが強すぎたのかもしれません。ほぼ全てがうまく整っているのに、一つだけ間違ったものがある、そんな日だったのです。

最後のレースも似たような感じでした。多くのキャンセルと風向きの変化があり、朝始まったのに午後遅くまでかかるレースでした。僕はすでにオンの状態でしたが、レース自体はうまく進まず、テンポがあっていなかったように思います。何かが足りなかったので、今僕は状況を分析し足りなかったものを探り、そこから学ばなければなりません。

リザルトは良くなかったとしてもトップ10には入っているので、今回は僕の大会ではなかったと考え、これを経験にしたいと思います。時には後ろに強く戻される時があっても、僕は次やらなければならないし、2週間後にはフランスのブリタニーで大会があります。有名なラトーチェの大会です。まだ何も成し得ていませんし、僕は諦めません。
残りの冒険にも注目してください。違和感のあった日々のこの大会中、多くのメッセージとサポートをいただいたことに感謝します。

mortefon_2016sylt1

mortefon_2016sylt2