ポール&アンジー・ジャクソンによるFANATIC SUPレースクリニック、大盛況のなか終了

2014年7月14日、神奈川県三浦海岸FINE前で世界トップアスリートのポール・ジャクソンとアンジー・ジャクソンによるSUPレースクリニックを開催しました。
世界のSUPレースシーンで活躍する2人は、日本のSUPレーサーのためにパドリングのアドバイスはもちろん、レースに勝つために必要なノウハウを惜しげもなく伝授してくれました。

午前中は彼らが日頃行っている4つのドリルを中心にレクチャーと海上練習を行い、それぞれの参加者が彼らから直に海上でアドバイスをもらいました。さらにレースで勝敗を大きく左右するスタート方法のレクチャーとその練習を実施しました。実際に彼らに本番のレースで行うスタートを実演してもらうと、そのスピードに参加者全員が驚くというシーンもありました。

supclinic1

さらにターンの練習とターンのバリエーション説明が行われ、最後に全員一緒にパドリングし、クリニックは終了しましたが、スタートに役立つゲームをプログラム途中に織り込んだり、終止質問に丁寧に答えてくれるなど、参加者にとっては実りの多いクリニックとなりました。

ポールの決め台詞は“1秒の違いがレース全体では大きな差につながる”という言葉です。実際にどうやって1秒1秒を縮じめていけば良いか、それを具体的に示してくれたポールとアンジーに感謝しつつ、これからも多くの日本人SUPレーサーが少しでも速く走り、レースを楽しめるよう、2回目、3回目の開催を考えています。
supclinic2

なお二人は茅ヶ崎で行われているウォーターマンズリーグに参戦しているので、ぜひ時間をつくって観戦にいってみてください。

Paul Jackson
昨年ランキング8位、現在14位 ファナティックレースボードを開発
Angela Jackson
昨年ランキング2位、現在2位

ポールとアンジーがクリニックで見せてくれたスタートの動画はFBページでご覧になれます: